次回ライブ

■次回ライブ■
2017年11月10日(金) 亀有キッドボックス

2017年1月23日月曜日

白倉新之助と踊る子守唄×MONGREL 2マンショー!

昨年色々と活動させてもらいました「白倉新之助と踊る子守唄」ですが、2017年からまた少しずつ形態を変えながら進んで行こうと思っています。その第1弾であり、かつ第1章の終わりとなるのが、2/10に行われる2マンライブです。

[2/10(金)tomorrow’s planet]
出演 :
白倉新之助と踊る子守唄
MONGREL
会場:
三軒茶屋グレープフルーツムーン


この日はギターに鈴木真という男を迎えて演奏してみます。普段はジャズ、フラメンコ畑で演奏している彼の要素が加わることで、どんな変化が起こるのかとても楽しみです。

そしてChrisはこの日のライブを境に、今後基本的にはicon girl pistolsの活動に専念します。今まで忙しい中2つの活動に付き合ってくれてどうもありがとう。

なんだか2017年になってicon girl pistolsが急に活発になってきました。こちらは乞うご期待ですが、2人共が掛け持ち活動していると捌ききれないスケジュールになってきそうなので、Chrisのigp専念はやむを得ない判断です。東京で彼のボンゴプレイが観れるのは、2/10が最後かも知れません。是非お見逃しなく。

Chrisの東京ラストボンゴ!?


対する2マンの相手は、前々からお手合わせを希望していたMONGREL。
turu君というシンガーソングライターでもありアニメイターでもある才人とは、2015年のsakata guitar nightで本格的に知り合いましたが、何処と無く自分に似ているところがあるように、勝手に思っていました。

90年代の東京で生まれ育った僕らは、意識的でなくとも、膨大な量の情報と選択の機会にさらされてきました。インターネット環境が整備された今なら世界中で同じことが起こっているかも知れませんが、少なくとも我々のユースの時代には、東京で育つか、地方で育つかという違いは、価値観の形成にかなりの差異があったと思います。

当時の東京カルチャーを振り返ってみると、セレクト、サンプリング、それから、スタイリングということだったような気がしています。DJ文化が海外から流入してくる中で、「セレクトする」という行為自体に価値があり、それがクリエイションにもなり得るという時代だったのです。

だから我々の創作は時に、スタイルを選択する事から始まります。サンプリング(実際に音をサンプリングするということに限らず、概念的な)された1つのアイディアから創作することもあります。
メロディーや歌詞が絶対君主であり、他の要素が従属するものであるという関係性ではなく、リズムも、サウンドも、メロディーも言葉も、パフォーマンスも、もっと言えばアートワークやコンセプト、発表方法さえも、創作に関する全ての要素が等しく1:1:1:1…という関係性になっているということ。

これは実に90年代の都市型カルチャーの特徴だと思いますがこうした価値観は時に、地方から叩き上げられた圧倒的な個の力に打ちのめされる瞬間もあるという…まあそれは余談です。

実際にturu君が自分と同じかどうかは分かりませんが、MONGRELの演奏を見て、それからturu君のパフォーマンスを何度か見て感じた事は、そんな事でした。

つまり、お前の才能、結構俺とかぶってんぞコラ、ということです。ステージ上でかぶってるハットも、俺とかぶってんぞコラ、ということです。
MONGRELの帽子


踊る子守唄の帽子

つまり、真っ向勝負ということにワクワクしています。

そして皆さんにお伝えしたいのは、僕らみたいな人間の真っ向勝負は、多様なスタイルの打ち出し合いということになると予想されるので、一瞬も退屈する事はないと思います。
色んなキャラが同じゲーム内に登場する、夢のクソゲー「ファミコンジャンプ」みたいな、そんな夜になりますように。

是非、遊びに来て下さい。
Facebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/1851615908415530/?ti=icl

[2/10(金)tomorrow’s planet]
三軒茶屋グレープフルーツムーン
出演 :
白倉新之助と踊る子守唄
MONGREL
OP19:00/ST19:30
前売¥2500(D別)
予約
info@grapefruit-moon.com
または
各アーティスト

0 件のコメント: