次回ライブ

■次回ライブ■
2017年8月11日(金祝) 池袋鈴ん小屋

白倉新之助と踊る子守唄

http://www.ringoya.org/schedule.php?py=2017&pm=8&pd=11#20170811

2015年9月19日土曜日

安保関連法成立の朝

安全保障関連法が一旦成立されたとされた朝に書いた幾つかの記録です。

@srkr_shinnosuke: 単純な話、毎日声を枯らして訴えている国民がいるのだから、政府の側も毎日死に物狂いで、国民に対して法案の意義を訴えるべきだった。

この国を壊すのは戦争そのものではなくて、政策決定権をもった側のそうした「非情さ」なんだと、人々は怒っているんです。

@srkr_shinnosuke: 僕は大学で政治学部に籍を置きましたが、その時理解した事は、「政治はパフォーマンス」であるということ。不完全な人間達が寄り集まって、どのように物事をうまく進めるか取りまとめていくのが政治。その決定方法に数学的な絶対性はないのだから、結局は人間のパフォーマンスによるところが大きい。

@srkr_shinnosuke: そうであるからこそ、過去の特定人物の圧倒的なパフォーマンスによって過ちと呼ぶべき歴史も作られてきました。

選挙の時だけパフォーマンスすればいいというのは非常に稚拙な考えです。政治家のすべきは、常にパフォーマンスすること、というかそれ以外に存在意義がない。

@srkr_shinnosuke: 毎日声を枯らしていた国民の一部と、法案可決までだんまりを決め込んでいた政府の側、どちらが強いパフォーマンスをしていたかは一目瞭然です。でも政策決定権は法的に認められた国会議員にある。だからこそ、パフォーマンスの必要もないと思っている「非情さ」に、人々は絶望し始めているんです。

@srkr_shinnosuke: でも、音楽家は政治について直接言及すべきではないと思っています。音楽家は他の舞台でパフォーマンスすることができるからです。他の芸術活動家も同じ。思考の出発点は同じでも、別のお皿に美しく盛り付けて、異なる結果を生み出すべきです。ということで以上終わり、です。

2015年9月14日月曜日

「曖昧 みんな ドリーマー」をカバーさせてもらいましたよ

9月13日に新宿マーブルで行われた、夕焼けアフロCD発売記念ライブにて。
当初出演予定だった夜ハ短シが諸事情により出演不可となり、急遽「白倉新之助と踊る子守唄」にて出演しました。
今回のメンバーはおなじみ真野敬史をドラムに、禁断のパートナー藤原真をベースに迎えてお届け。急造チームですが3曲を演奏し、最後に1曲アルバム「ふきのとう」から弾き語りさせてもらいました。

映像はその際に演奏したカバー曲です。夜ハ短シのアルバムに収録されている「曖昧 みんな ドリーマー」という曲です。
僕の尊敬する天才シンガーソングライター小田切健が作詞作曲を行った楽曲で、それをこれまたもう一人の天才シンガーソングライター山口進が歌っているという、彼らにとっても彼らのファンにとっても思い入れの深い1曲です。そして、歴史に残るといっていいくらいの名曲です。

個人的にはここ1、2年の間にこの二人のソングライターに出会えたことで、歌とは何か、歌を作るとは何かということに向き合わせてもらえるようになったと思っています。一生敵わないかもしれないなと思えるような強大な才能が身近にいると知って、僕のひねくれたハートはそれまで以上に燃え始めたのでした。

小田切健(よよよい)、山口進、藤原真、真野敬史、この関係性をこの日のこの曲の演奏に詰め込めたのは、僕にとっては一つの祝祭的な瞬間でした。チャンスをくれた仲間達ありがとう。勝手にやっちゃった感じもありますが。

それから、会場で聞いてくれた、もともとこの曲を好きだったファンの方々も、受け入れてくれてありがとうございます。
http://www.goodbyedonuts.com/#!video/czyu


「曖昧 みんな ドリーマー」(夜ハ短シ・えあどぐべcover)
作詞作曲:小田切健 編曲:夜ハ短シ
演奏:白倉新之助と踊る子守唄(真野敬史・藤原真)

2015年9月11日金曜日

20150903ワンマンライブ終えて(セットリストも)


「白倉新之助の世界展」ご来場頂いた皆様本当にありがとうございました。個人名義でワンマンライブなんて自分にとっては大それたことのように感じていましたが、沢山の人に集まって頂き、大成功!と言わせて貰いたいと思います。

考えてみれば、バンド演奏してくれた踊る子守唄のメンバーは、10代、20代、30代と本当にふとしたきっかけで出会った仲間達で構成されていました。会場で見守ってくれたみんなも、同じように節目節目で出会ってくれた仲間達が多かったです。

つくづく自分は仲間に恵まれているなと思います。全員がそれぞれに心底イイ奴らで、どこかしらちょっぴりダメな奴らで、だからこそ最高の連中。

数々の出会いは、どれも音楽がもたらしてくれたものでした。音楽をやってきたことは、既に自分にとって他に代え難い素晴らしい結果となっていました。

ワンマンを終えた今の心境は、もっと新しい事をやりたい、仲間達ともっと凄い景色を見たい、そんな貪欲なものでした。それは素敵な収穫です。

来てくれた仲間に感謝。来てくれようとした仲間に感謝。一緒に演奏してくれた彼らに感謝。真野 敬史/Christopher David O'Reilly/白石 経/金光 朗之/上窪洋平








2015/09/03
「白倉新之助の世界展」下北沢waver
1. おばあちゃんのお話を聞きましょ
2. 新しい国
3. その男、裏表アリ
4. ジョンと宇宙の用意
5. 笛(U ARE 97%)
6. 銀色雲
7. アイコンガールピストルズ

8. 嘘っぱちナポレオン
9. 5月のある晴れた日

10. 子供盗賊団宣言
11. 毒リンゴ
12. 誓いの歌
13. ふきのとう
14. モダンライフへようこそ
15. ママ僕の服はもう買わないで
16. 熱狂
17. 和音
(encore)
18. カムカムトゥゲザー
19. グッバイドーナツ自由の女神

※写真撮影=さとうせらりる・アキチョン